現代の転職活動

第二新卒が求められる理由

現在、数ある求人情報の中には、「第二新卒者歓迎」というものがあります。これは、学校等を卒業後「新卒」という形で一旦は就職したものの、2~3年という短期間のうちに転職する人をいい、ある程度の職務経験(主に3年以上)をもつ「中途採用」とは違います。景気が回復してきているとはいえ、現在は今は3人に1人が「第二新卒者」になっているのだとか。キャリアを積みたいから、違う職種に挑戦したいからと様々な理由は多いようですが、その思いを採用者側も汲み取っているという事なのかもしれません。
では、この「第二新卒者歓迎」と書く企業者側の真意とは何なのかという事についてお話したいと思います。一番の理由としては、経験よりも潜在的能力がある事を望んでなのだとか。要はこれからどのくらい成長し、仕事にどれだけ貢献してくれるのかというのが大事なようです。というのも、「第二新卒者」は、それまで勤めていた企業で新入社員研修等、社会人として必要なビジネスマナーなどを受けている反面「中途採用者」に比べて若く(基本的に「第二新卒者」は25歳以下と見なされている)、その企業独特の文化や慣例に染まっていない事がほとんどだからです。面倒な研修を素早く済ませられる上に、これから自社の色に染められるといった利点があるんですね。
もちろん、採用が恵まれているとはいえ、みんながみんな同じ気持ちでいる訳ではありません。以前よりも徐々に少なくはなってきているとはいえ、転職=堪え性がない・飽きっぽい、などといった評価をする人はいます。特に、前の職種と全く違う場合に多い評価のようですね。企業によってその傾向などは多々ありますが、やはり大事なのは自身がなぜそ
の企業に就きたいのかきちんと考える事なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll To Top